BOOK

しろいえほん

 

10歳の時に踊りと出逢い、あっという間にもうすぐ30年、まだまだ直さないといけない所だらけの道のりですが、30年目の年に今の自分の踊りを形に出来たらと思っていました。

踊りと出逢い、舞台芸術の世界へいったことなど、小さいころの自分の記憶と重ねて「しろいえほん」という絵本を描きました。

3月22日に出版させて頂くので、是非観て頂けると嬉しいです

 

内容紹介

なにもかいていない、一冊の白い本を見つけた男の子。
その本には、今まで見たこともない色々な世界が広がっていました。

とても韻がうつくしく、リズミカルに広がるふしぎな世界は、なんども読みたくなるようなここちよさ。
新しい世界に出会っていく楽しさ、個性を受け入れるやさしさに包まれる、読み聞かせに最適な一冊です。

 

声優・田中真弓さん推薦!

もりこういちろうと田中真弓さんのツーショット

「お母さんを思い出しながら 読んでみてください。あなたのお母さんは、どんなお話をしてくれるでしょう? お母さんのあなたは、どんなお話をつむぐでしょうか。
この絵本を読んで、一昨年亡くなった母を想いました。白い本をお母さんにわたすと、お母さんがすてきなお話を読んでくれるところが私のお気に入りの場面です。想像力がかきたてられるところが、この絵本の良さ。母親の数だけ“しろいえほん”があると思います。」

出版社からのコメント

デンマークを中心に世界で活躍するダンサーであり、舞台芸術家の著者。当初はそんな著者がなぜ絵本を?と思いましたが、原稿を拝見してびっくりしました。あっという間に、絵本の世界にすいこまれ、「次はどうなるのかな?次は??」と、続きがどんどん読みたくなる、ふしぎな魅力であふれていたのです。じぶんが子どものころに出会っていたら、きっと何度も何度も読んでいたと思います。
読み聞かせ会での反応もとてもよく、学校や図書館などでの活用もおすすめです。
読んであげるなら:5才から 自分で読むなら:小学低学年から

 

アマゾン販売ページ